ペットボトルで水中メガネを手作りした。子供の水遊びにおすすめ

ハンドメイド

夏といえば水遊びですよね。

自宅で遊べるプールもいいけど、海に行ったり、川遊びをしたり、いつもとは違う環境へおでかけする機会もあると思います。

海や川では今まで図鑑でしか見たことのなかった水の生き物に出会える可能性があり、子供たちはワクワクしちゃいますよね。

水の中にいる生き物が見てみたい! でもまだ泳ぐことができない・・。
という幼児でも水の生き物を探して楽しむことができる水中メガネを、子供と一緒にペットボトルを使って作りました。

我が家の息子のように、顔を水につけて目を開けることはできないけど水遊びを楽しみたい!という方は、自宅にある材料で誰でも簡単に作ることができますので、ぜひ作ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

ペットボトル水中メガネの作り方

所要時間は約5~10分です。

用意するもの

KIMG0790

【絶対必要な物】
・空のペットボトル(我が家ではしょうゆの空ボトルを使用しました)
・カッター
・輪ゴム
・ラップ

【あったらよりいいもの】
・マスキングテープ
・ガムテープ
・濡れてもいい紐

ペットボトルをカッターで切ります

KIMG0791

キレイに洗って乾かしたペットボトルの上と下をカッターで切ります。
(ココはカッターを使用するので親がやった方がいいでしょう)

しょうゆの空ボトルはボトルがデコボコとしてるので、それに合わせて切れば不器用な方でも失敗なく真っすぐに切ることができます。

切ったペットボトルに装飾します

KIMG0792

我が家は切り口の部分は手を切ったりすると危ないので念のため、布テープで補強しました。

それ以外の部分にはマスキングテープを使用しました。

ここでもしょうゆのボトルは容器の凹凸に合わせて貼っていけばいいので子供でも貼りやすいです。

片側にラップを貼って輪ゴムでとめたら完成

KIMG0794KIMG0793

ラップは途中で破けないようにできるだけ厚めのものを使った方がいいです。
(我が家は半分に折って2重にして作りました)

たるまないようにピンっと張った状態で輪ゴムできつめにとめます。

写真ではわかりにくいですが、ボトルの溝の部分に合わせて輪ゴム2本を3か所とめています。

首からかけたい場合は紐をつけます

首からさげて使いたい場合は、両脇に穴をあけてそこに濡れてもよい紐を子供にちょうどいい長さに合わせてつけてあげてください。

これがあれば顔をつけずに水の中がのぞけるよ

個人的にはしょうゆのボトルがおすすめですが(デコボコがあるボトルなら酒でもみりんでも可)、なければ500ml~2Lのペットボトルでも牛乳パックでも作ることができます。

高さがある容器の方が深くまで入れることができます。
水の圧力や子供が使用することを考えると固めの容器の方がオススメ!

すっごい簡単にできるので、水遊びの時には持っていくといいですよ。
(実際にはよほど透明度の高い水じゃないと水中は濁っていてよく見えないのですが、子供の冒険心・好奇心を満たすにはいいと思います)

水遊びの際は、マリンシューズもお忘れなく☆