【赤ちゃんのおしりふき比較】使用感を勝手にレビューします

子育て

赤ちゃんが生まれた日からすぐに必要になるおしりふき。
我が家では生後5ヶ月の赤ちゃんはもちろんのこと、トイトレも完了し、おむつも外れたもうすぐ4歳になる息子もまだまだお世話になっております・・。

そう。おしりふきという名称でありながら、我が家では食事の前後の手を拭いたり、口周りを拭いたり、ちょっとした食べこぼしや汚れを拭いたり・・とオムツを卒業してもウェットティッシュ代わりとして活用しております。
(あと、お菓子食べながらPCしたり仕事したりする親の手拭きとしても・・)
むしろ外出時には、おしり拭き以外の用途で使うことの方が多いくらい、ママバッグに入れておいて重宝しています。

下の娘が小学校入学前くらいまで使うことを考えると、長男誕生からかれこれ10年弱くらいおしりふきのお世話になるかも?なわけです。
我が家でも、寝室用、リビング用、持ち運び用、保育園用・・と置き分けているため、もう何パック消費したんだ?ってくらいおしりふきを使用しておりますので、使用感をまとめてみました。

メーカーごとに厚手タイプや、流せるタイプなど出ていますが今回は1番標準のタイプで比べています。
あくまでも個人的な感想となりますので、参考程度にお願いします。

スポンサーリンク

ピジョン おしりナップ やわらか厚手仕上げ

【1個 80枚入】
やわらか厚手仕上げという商品名を裏切らない商品です。
息子も娘もうんちの回数が多く、特に肌が敏感な新生児期はこちらを使いました
厚みがあり、水分もそれなりに含んでいるので、ウォーマー使用時にも問題なく使えます。

同じシリーズでこすらずするんという乳液タイプもありますが、私は通常タイプの方がさっぱりしていて好きです。

乳液タイプはよりなめらかで、拭き取り時に優しい感じがしました。
こびりついたウンチの拭き取りには良かったです。
(まぁ、こびりつく前にオムツを替えてあげれば済む話ですが・・)
ピジョン おしりナップ 乳液タイプは1個 66枚入。

アカチャンホンポ 水99%

【1個 100枚】

ママ友の使用率が高いのがコチラ。
なんだかんだとオムツとセットで買ってしまいます。
かさばるものはネット購入が便利。

可もなく不可もなくという感じでしょうか?
薄手ですが、たくさん入っているので惜しみなく使えるのがいいところ。
超純水99%使用ということで、口周りなどもどんどん拭いています。
ただ100枚入なので、持ち運び用というより自宅使用用となっています。

水 99.9% おしりふき

【1個 80枚入】

こちらは我が家の定番商品です。(安いので。)
まぁ、ほぼ水ですからね・・。逆にいえば余計なものが入ってないからいいのかな?
ふんわり おしりふきですが、私の中で言い換えるとふんわり軽い(薄い)おしりふきといった感じです。
1回目のうんち拭き取りには1枚使用ではちょっと心もとない・・。
そして開封後長期間置いておくと(保育園予備など)乾きやすいように感じました。
顔や口周りを拭くにも水99.9%で抵抗なく使えるのでどんどん使う場所で使用するようにしています。

トイザらス・ベビーザらス ウルトラプラスおしりふき

 

【1個 80枚入】

上記の水99%よりさらに薄さにこだわった(?)のがコチラ。
私が使用した中ではダントツの薄さ?な気がします。
1枚では心配なので2枚一緒に使うようにしています。
薄いせいもあってか、出して少しおくと乾きかけてきますので使うたびに出すようにした方がよいです。

グーン 肌にやさしいおしりふき

【1個 70枚入】
こちらのおしりふきは他社のものに比べて水分量が多いような気がします。
まさにウェットティッシュ。
しっかり拭き取れるので赤ちゃん時代のゆるゆるうんちより、離乳食始まってからの少し固めのうんちくん向き。
水分多めなので拭き取ったあと、2秒くらい乾かします(笑)
ちなみに最後の方になるほどウェット感が増します。
水分は多いけど、変なベタつきはありません。
ただ、1枚の大きさが他社より少し小さめ。
KIMG0375.JPGKIMG0373.JPG

まとめ

結局どこのがいいのか?ってことになると、個人的にはどれもそんなに大差はないかな?というのが正直なところ。。(もちろん細かくみると肌触りや感触、成分などは違うのですが・・)

使い勝手の面で言えば、ふんわり厚手・ほどよい水分感が1番ですが、そのへんはお値段との兼ね合いもあるので・・。

個人的にはピジョン おしりナップ が総合的に見て優秀かな・・と思っています。
Amazonで買えば安いし・・。

とりあえず小さな子供がいるうちはAmazonファミリーに登録しておいて間違いないです。

関連記事 Amazonファミリーが子育て家庭においてどれほどお得なのかを検証してみました

もちろん、子供が下痢したりして1日に何度もおしりをふく時や、おむつかぶれしちゃった時、新生児~1ヶ月位まで等、肌がデリケートな時はその都度その時に合わせてちょっと高くても厚地のものや肌に優しいタイプを購入するようにしています。

おむつメーカーからでているちょっとお高いものも気になってはいますが、消耗品であるがゆえ、ついできるだけ安いものを選んでしまいなかなか手がでません・・。