【子供向けデジカメ比較】幼児(3歳児)におすすめのキッズカメラはこの3種!

買い物

ちょっと目を離すと親のスマホやタブレットでパシャパシャと写真を撮りたがる2歳娘。

写真は撮るのも撮られるのも好きなようです。

カメラをむければポーズをきめるし、ちゃんとディスプレイで確認しながらシャッターボタンを押すこともできます。

最近の子供はデジタル機器をマスタ―するのが早いですね。

親のスマホやデジカメは大事なデータもたくさん入っているので、勝手に消されたり壊されたりしては困ります。

そんなわけで、娘にも子供用のデジカメを買ってあげることにしました。

ところが店頭にはもうすぐ3歳になる幼児が使えそうなキッズカメラって意外とおいていないものなのですね。

そこでネットで口コミや操作性を調べ、3歳女の子にプレゼントするのにおすすめなキッズカメラを集めたので紹介します。

スポンサーリンク

幼児が使うキッズカメラを選ぶポイント

キッズカメラといっても小学生くらいの子供が使う物からホントにおもちゃみたいなものまでさまざまなものがあります。

今回はいわゆるカメラ型のおもちゃではなくて、きちんと撮影ができるカメラの中から選んでいます。

そんな中、(親が考える)3歳児向けのカメラとして以下の点をポイントに選びました。

・壊れにくい
・操作が簡単
・子供の手にも持ちやすい
・画面は大きい方がよい

壊れにくい

カメラは精密機器ですが、子供の日々のおもちゃの扱いを見ていたら「落とす」「ぶつける」なんて日常茶飯事。(だから親の物は貸したくないのです・・)

ちょっと落としただけで壊れてしまった・・と子供が悲しまないようにできれば頑丈そうな作りのものがよいですね。

ストラップがつけられればよりよいかも。

操作が簡単

3歳児の子供が使うカメラなので、操作は簡単でいいのです。

カメラとして最低限の機能、「シャッターを押す」「写真の確認をする」

とりあえずこれだけできればOK。ボタンが多いものは子供がわかりにくいし、誤操作の原因にもなるので避けたいです。

店頭で見た時には、写真も撮れて、通信や写真へのデコもできて、ゲームも数種類入ってる子供用高スペックカメラなどがあり、こんなの3歳児には使いこなせないじゃん・・って思いました。(小学生女子の間ではこういうのが人気なのかな?)

幼児用カメラとしては子供でも操作がわかりやすい「シンプルイズベスト」です。

子供の手にも持ちやすい

小さな子供の手で持って撮るので、大きくて重いカメラより小さくてコンパクトなカメラの方が持ちやすいですね。

そして子供のカメラ撮影の基本は「両手持ち」です。

両手で持ちやすく、シャッターは押しやすい位置にあるかどうか?の確認をしておくことをおすすめします。

画面は大きい方がいい

子供でも写真を撮ったら、いっちょまえにディスプレイにて確認をします。

そして保存された写真を見て自分や家族を探しています。

そう考えると画面モニターサイズはできるだけ大きい方が見やすいのではないかと思います。

3歳児におすすめのキッズカメラ

上記のポイントを考慮して私が娘のために候補として選んだキッズカメラは以下の3つとなりました。

いずれも子供の手で持って操作しやすそうなカメラです。

ではそれぞれについて詳しく見ていきます。

DROGRACE (ドログレイス)キッズカメラ

防水機能(防水ハードケース)がセットでついてくるカメラです。

しっかりとしたセットのハードケースに入れて使用すれば多少の衝撃からは守ってくれそうで安心。

首からかけて使用できるようにストラップがつけられるようになっているところもポイント高いです。

写真も動画も撮影可能。

操作ボタンもシンプルで使いやすそうですね。

サイズ:約55×55×20mm
重さ:約50g
バッテリー:内臓バッテリー&USB充電
ディスプレイサイズ:1.77インチ
画像品質:5M

画素数は5Mと子供がおもちゃ代わりに撮影するカメラ写真としては十分過ぎるだと思います。

乾電池を使用せずUSB充電というところも軽くていいですね。

内部メモリがないのがちょっと残念。

撮影した画像を保存&確認したい場合、別途マイクロSDカードが必要です。

同じメーカーで両手持ちのホルダーがついているカメラもあります。

こちらは両手持ちしやすく、両方の目でファインダーをのぞくことができます。

デュアルレンズ採用で自撮りも可能。

首から下げることはできないけれど、3歳児であればこちらの方が持ちやすくてイイ!って子もいるかもですね。

COOING(クオリン) 子供用カメラ

見た目がまさにカメラ。
大人のカメラとそっくりで子供が喜びそうな形です。

もちろん写真も動画も撮影することができて、スペックもおもちゃというより、むしろ大人でも扱えそうな結構本格的なカメラです。

サイズ:約80×60×30mm
重量:約75g
バッテリー:USB充電
ディスプレイサイズ:2.2インチ
画像品質:800万画素、4倍焦点、写真解像度3264X2448、ビデオ解像度1920X1080

こちらは「800万画素 4倍ズーム 3M防水」とサイズは小さいけれどもう立派なコンパクトデジカメです。

ボタンの数も少なくて小さな子供でも操作しやすそうですね。

シンプルなのに、画像トーンを変えて遊んでみたり、フレーム撮影をしてみたり大人と同じようにカメラで遊ぶことができます。

3歳児が使用するにはちょっとオーバースペックかな・・と思ってしまうくらいいうことなしのカメラ。

同じメーカーから下位モデル(?)も出ていますが、こちらも500万画素と子供のカメラとしては十分すぎるスペック。

ディスプレイは少し小さめの1.5インチとなります。

ビジョンキッズ 子供用カメラ

ビジョンキッズからは何種類かのキッズカメラが販売されていますが、その中でもシンプルなものを選んでみました。

こちらはサイズもコンパクトで子供と手にちょうどよくおさまりそうです。

衝撃に強そうなところも子供が扱うにはちょうどいい感じ。

こちらも写真も動画も両方撮ることができます。

サイズ:90×52×51mm
重さ:200g
バッテリー:リチウム電池
ディスプレイサイズ:1.5インチ
画像品質:500万画素 写真の解像度:2592×1944 ビデオ解像度:1920×1080
3つの中で1番重いのがちょっと気になるところです。
3つのモードやセルフタイマーがあるみたいなので、慣れてくれば色々楽しめるのかも。
3歳児にはセルフタイマーはまだ少しハードルが高そうですが・・。
ビジョンキッズも型違いのカメラを販売しています。
コチラの方が大人が使っているカメラに似ているので、真似っ子大好きな子は気に入るかもしれません。

我が家はDROGRACEのキッズカメラを購入しました

最近のキッズカメラってすごいですね。
サイズはコンパクトだけど、静止画も動画もしっかり撮影することができます。

おもちゃというより、普通に使える子供用のデジカメ。

我が家はDROGRACEのキッズカメラを購入しました。

かっちりとした付属の防水カバーに入れて使えば多少の衝撃からは守ってくれそうだし、子供の首から下げて使うにちょうどよいサイズと重さかな・・。

キッズカメラって店頭では思ったより取り扱いが少ないです。

店頭販売されているものだと、幼児にはオーバースペックな本格派カメラ、もしくは実際に撮影することはできないおもちゃのカメラ多く、なかなかこれぞ!というものが見つかりませんでした。

カメラ型のおもちゃでもシャッターを押すと音が出たり光ったりするので、それはそれで子供が楽しめそうですね。

↑アンパンマンブームの子供であれば間違いなく喜びます。実際に写真撮影も可能。

キッズカメラはネットの方が店頭より取り扱い種類がずっと多いので、3歳前後の子供が実際に写真を撮影して楽しむ子供用カメラを購入するならネットで探すのがおすすめです。