ヒルトンハワイアンビレッジのプールとラグーンが子連れファミリーには嬉しい

子連れハワイ旅行


ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ

ヒルトンハワイアンビレッジ内には5つのプールとラグーンがあって滞在中は好きに利用することができます。
子連れでハワイに行く場合、プールや海でのアクテビティを楽しみにしている人も多いと思います。

また赤ちゃん連れで行く場合はあちこち移動したり、長時間の外出は難しくてホテル内で楽しむことを重視することもありますよね。

我が家も滞在中に海に加えてラグーン、そしてホテル内の3つのプールをはしごして遊び倒したのでヒルトンハワイアンビレッジに宿泊したメリットを十分に堪能することができました。

部屋で着替えてそのままプールに行けて、水着のままホテルの部屋に帰ってこられるというのは子連れにとって大きなポイントです。
ヒルトンハワイアンビレッジでは数種類のプールを水着のまま移動して楽しむことができるので、小さい子連れファミリーでも楽しく過ごすことができますよ。

スポンサーリンク

ヒルトンハワイアンビレッジのプールとタオルレンタルについて

ヒルトン宿泊者はチェックイン時にオレンジ色のタオルカードをもらうことができます。

各プールの入り口でこのカードと引き換えにタオルを受け取ることができ、タオルを返却する際にカードを返してもらえますので、1日に何回でも新しいタオルを使用することができます。

違うプールへ移動する際は、各プール毎にタオルカウンターがありますので、タオルをわざわざ持ち歩く必要はありません。
借りたプールで使ったタオルは返却し、次のプールでまた新しいタオルをレンタルしましょう。

ちなみにこちらのタオルカードはチェックアウト時に返却する必要がありますが、万が一紛失してしまうとカード1枚につき$10必要となるのでなくさないように注意が必要です。

デューク・カハナモク・ラグーン&ビーチ

ビーチとパラダイスプールに隣接した海水ラグーンです。

波がないので、波を怖がる小さな子でも海デビュー&砂遊びができます。
奥に行くと深くなっていると思うので小さい子は手前の方で遊ぶのがおすすめ。

ただし水はちょっと冷たいです。

浅いところでピチャピチャ遊んでも波が来ないので親も安心。
ビーチの方が人気があるようで、人もそんなに多くなく迷子の心配もありませんでした。

カヤックやペダルボート、カヌーなどのレンタルできるので、波のないところでマリンアクティビティを楽しみたい!という方にはぴったりです。

◆ラグーンに1番近いホテルタワーは「レインボータワー」です。

パラダイスプール

ラグーンとつながっていますが、こちらはヒルトン宿泊者限定です。
ルームキーをかざさないと中に入ることができません。

こちらのプールにはジャグジーがあり、冷えた身体をあたためることができます。(ジャグジーの利用は5歳以上)

 

長さの異なる4本のウォータースライダーがあり、子供たちに人気のプールです。

ウォータースライダーの利用は身長91cm以上で、子供は体に直接つける浮具を身につけなければいけません。(浮き輪はNG)
スライダーは大人も利用することができます。

我が家は日本からアームヘルパーを持っていきましたが、現地でも購入することができます。

ウォルマートとかだと安く購入することができそうでしたよ。
関連記事【子連れハワイレポ】1日目②:アラモアナセンター・ウォルマート

こちらのプールは深いところで大人の私でも足がつくかギリギリくらいのところがあったので、子供用の浮き具は必須です。

プールサイドのデッキチェアは荷物での場所取りはNGで1時間以上席を離れると係員が荷物を回収する可能性もあるそうです。

プールに隣接して飲み物や食べ物をテイクアウトできるショップがありますので、プールで遊んでおなかがすいたらここで何か買ってプールサイドのチェアやラグーンで食べるのもよいかも。

◆パラダイスプールに1番近いホテルタワーは「レインボータワー」です。

(会員制のラグーンタワーが最も近いです)

スーパープール

ヒルトンハワイアンビレッジの中心部に位置する大きなプールです。
ロビーからも見えるメインプールで周りにはヤシの木があり、ビーチにも近くリゾート感満載です。

こちらは泳いでいる人が少なく、プールサイドの周りにあるデッキチェアでくつろぐ大人がたくさんいました。
スーパープールにも隣接して飲み物や食べ物をテイクアウトできるショップがあるので、ゆったりとバカンスを楽しんでいる方が多かったです。

プールサイドでくつろぐ大人が多い中、あまり泳いでいる人がいないプールで子供がはしゃぐのは気がひけるので、メインプールのすぐ横に子供用プールもあります。

子供用といっても結構大きなプールで深さもそれなりにあるので、赤ちゃんには向いていません。

息子はここのプールにも挑戦しましたが、「水が冷たい・・」と言っていました。

スーパープールにはジャグジーが併設されていないので、日陰になってちょっと寒いときは他のプールで遊ぶのがよさそうです。

◆スーパープールは「アリータワー」と「レインボータワー」の間にあります。

タパプール

こちらはダイヤモンドタワーの入り口からすぐのところにあるプールです。

普通のデッキチェアは宿泊者は無料で利用できるけど、屋根付きのカバナは事前に予約が必要です。
もちろん有料ですが、その料金が1日180ドルだっけな?(半日はその半額くらい)とにかくすごく高いのにびっくりした記憶が・・。

プールの周りにホテルの各タワーがあり日差しが入る時間が少ないのでちょっと寒いかなぁ・・と思ったのですが、息子は以外にもココが気に入ったようです。

タパプールのいいところは、そんなに混んでないのもそうなんだけどプール手前の水深が大人の足首くらいまでとすごく浅くなっているので、お座りができる赤ちゃんでもプールデビューができちゃいます。

うちの娘もここのプールに座って軽く水遊びしました。

プールに隣接してラニカイジュースのショップがあるので、大人はドリンクを飲みながらくつろぐのもいいかもしれません。

◆タパプールに1番近いホテルタワーは「ダイヤモンドヘッドタワー」です。

カリアタワープール

カリアタワーの4階にあるプールです。

今回はその他のプールだけで十分に満足したのでこちらのプールには行っていませんが、カリアタワーに宿泊している方には便利なプールですよね。

しかもタワー4階にあるから混雑度も少なそうです。

アリィタワー・プール

こちらはアリィタワー宿泊者限定のプールです。
入るにはルームキーが必要です。

写真を見た感じだと大人な雰囲気のプール。
子供がはしゃいで遊ぶには他のプールの方がむいているかもしれません。

ヒルトンのプールなら1日中遊べる

海にもホテルから歩いて行けて、それ以外にもこれだけのプールがあれば1日じゃ遊びきれないくらいです。

プールや海が好きな子供なら、ホテル内のプールをはしごして大満足なはず。

水着で(気になるなら上に1枚羽織って)ホテル敷地内を移動できる&タオルも都度レンタルできるので荷物は少なくてすむし疲れたらすぐにホテルの部屋に戻って休むことができるので、海やプールでのレジャーを重視する子連れファミリーにはヒルトンハワイアンビレッジのプールはすごく嬉しいです。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジを予約する

【30代ママの水着選び】お悩み別・シーン別にママにおすすめ水着を探してみた
子供ができればいつかは訪れるプールデビュー。 プールや海なら若い頃よく行ったなぁ~という人も、出産してママになるとボディラインの崩れや体型が気になり、若い頃と同じ水着なんて着られない!!という人が多いのでは? 私もいざ、...