どうする?子供の虫さされ対策。虫よけブランケットとアロマで子供を虫さされから守ろう

子育て

息子
ママー見て。虫さんにやられた
ママ
あっ!ホントだ。かゆくても掻いちゃダメよ~
息子
ムーちゃんもさー、ベビーカーから足がはみ出してるからあぶないんじゃない?
ママ
確かにその通りだわ。子供の虫よけ対策どうしよう・・・

いつも子供と一緒に行動しているはずなのに、なぜか子供の方が多い虫さされ。
息子も今年に入ってもう何箇所かやられています。
今の時期に多いのは圧倒的に蚊による虫刺されですね。
保育園で刺されてるのか、帰り道にやられてるのか息子も腕とか足とかぷっくりと赤くなってしまっています。

蚊にさされると単にかゆくて迷惑!ということ以外にもデング熱やジカ熱などの病気も心配ですよね。

特に娘は日本脳炎の予防接種もまだ受けていないので、できる限り蚊の被害から守ってあげたいものです。
(自治体での日本脳炎の接種時期は3歳~となっているけれど、心配なら6ヶ月以降接種可能とお医者様から先日言われました)

スポンサーリンク

我が家の虫さされ予防対策

本来であれば長袖・長ズボンなどで肌を露出しないのが1番いいのだとは思いますが、キャンプなどのレジャー時ならまだしも、通常の保育園活動でこの時期に長袖・長ズボンなんて暑すぎてとてもじゃないけど無理です。

赤ちゃんも大人より1枚薄着くらいがちょうどいいって言われてるのに、虫から守るために肌を隠す服を着させる・・とかやっぱり難しいですよね。

なので、できるだけ安全で安心できる虫よけ対策でがんばりたいと思います。

虫よけブランケット

こちらはアカチャンホンポで購入した虫よけブランケットです。

UVカットと虫よけが一緒にできるので、外出先ではベビーカー移動が多い娘にはぴったり。

虫よけ効果のあるインセクトシールド加工が施されているそうです。

【インセクトシールド加工とは?】
・キク科の植物から採れる虫が嫌う天然成分を人工的に再現し、繊維に付着させる技術です。
・加工技術がエコテックスの有害物質規定基準に認証されており、赤ちゃんやマタニティの方にも安心してお使いいただける防虫技術です。

◆生地に加工しているので吸引や誤飲の心配はありません◆

虫よけ効果のほどはまだわからないけれど、ベビーカーの日よけ&紫外線対策に何か軽いブランケットを探してたからちょうどよかったです。
ワッフル素材で軽くてさらっとしているので夏場でもさほど暑くなさそう。

外出時だけじゃなくて、お昼寝や夜寝るときのタオルケット代わりにも使おうと思っています。

 アカチャンホンポで購入できます。

森の肌守り

こちらは昨年からお世話になっている天然のアロマ虫よけミスト。
妊娠線予防のナチュラルマーククリームや子供のスキンケア用品で有名なママ&キッズの姉妹会社、Natural Islandが出しているものです。

ディート不使用でアルコール分も植物性のものを必要最小限しか配合していないとのことで、子供でも安心して使うことができます。

何より、虫よけ剤ってなんかくさいイメージだったけど、これはアロマの香りですごくいい香り。虫よけ剤って感じがしなくてむしろなんか癒される香りです。
和ハッカ成分が入っているので、べたべたしやすいボディにつけてもスーっとして気持ちいい。

念のため、1歳未満の赤ちゃんは帽子とか洋服、ブランケットなどにつけるとよいそうです。

個人的にスッキリとして好きな香りで、むしろ子供より大人が使ってもよいくらい。
今年の夏はこれで、息子も娘も虫刺されから守ってあげようと思います。