授乳ケープは「軽い・涼しい・可愛い」で選ぶ。アダージオレーンがおすすめです。

子育て

<授乳中>

おっぱいゴクゴク・・
ママ
あれ? 暑いのかな??
ゴクゴクゴクゴク。
(ふぅ~。汗だくだぁ~)
ママ
むーちゃん、汗びっしょり・・。

夏の授乳って暑いですよね。
クーラーのきいた室内で授乳してても、赤ちゃんは汗だく。
ママも赤ちゃんを抱っこしてるだけで暑いです。

うちの娘も、授乳中の頭の汗がスゴイ!!
全身のパワー使って一生懸命飲んでるんだなぁ~と愛しいです。

家でもこんなに暑くて汗だくになりながら授乳しているのに、外出先で授乳ケープを使用して授乳することになったら、中の赤ちゃん相当暑そうです。

授乳ケープは母子ともに涼しくて快適♪なものを使いたいですよね。

スポンサーリンク

いざという時のために授乳ケープはママバッグに常備しておこう

150705280827_TP_V

最近の子連れででかけるような場所にはたいてい授乳室もあり、授乳ケープを使用して人前で授乳する機会はあまりないのですが・・。

ママ友のお宅に遊びに行った際、旦那さんの実家に行った際、移動中の車の中で授乳する際
など
あからさまにジロジロ見られるような環境ではないものの、おおっぴらに胸元をはだけさせて授乳するのもなんかなぁ・・って時ありますよね?

そんな時に、ママバッグの中に授乳ケープを用意していくと助かります。
私が使ってるのはダッドウェイからでているアダージオレーンです。

アダージオレーンは「軽い・涼しい・かわいい」

授乳ケープはあったら便利だけど、使いにくい・暑い。
そんな授乳ケープのイメージをさらっと解消してくれるのがアダージオレーンです。

おすすめポイントその①:軽い

ママバッグってただでさえ色々なものが入って重くなりがちだから、軽くてかさばらないっていうのは高ポイントですよね。
ポリエステル100%素材だから軽いし、適当にグシャグシャっとしまってもシワにもなりません。 
ケープと同生地の専用巾着もセットでついてくるから、巾着にしまっておけばコンパクトかつ、バッグの中でも見つけやすいです。

おすすめポイントその②:薄い

この薄さ。私がこの授乳ケープを気に入ったポイントはココです。
授乳中って赤ちゃん自身が体温が高いこともあり、ママも赤ちゃんも暑いですよね?
そんな中、ケープで覆って15分以上おっぱいって・・
中の赤ちゃんは熱がこもっておそらく汗だくになってます。
アダージオレーンは軽くて薄い&通気性も抜群なので中の赤ちゃんも涼しげ♪
もちろんママも涼しいですよ。
いくら薄くても透けたら意味がないけど、かわいいデザインが透けないようにうまく作られてます。

おすすめポイントその③:ファッション感覚で使えてオシャレ

せっかく使うならカワイイ物を使いたい!って思いますよね?
アダージオレーン、ハッキリ言ってカワイイです。
ママ友にも「それどこの?」ってよく聞かれます。

授乳ケープって、それ以外の用途には使えない物がほとんどだけど、これはマルチスカーフとして使うことができます。
ちょっと肌寒いな・・って時にママが首元に巻いても違和感なし。っていうか、むしろオシャレ(かな?)。
一応12通りくらいの使い方があるみたいです。

バッグに入れておけば助かりますね。

アダージオレーンはDADWAYで購入できます

ダッドウェイといえば、子持ちのママさんひとり1個持ち状態の抱っこ紐ERGObabyエルゴベビーで有名なので知っている方も多いと思います。

でも実はエルゴ以外にもベビーグッズの取り扱いがたくさんあって・・
その中のひとつが今回私が購入した授乳ケープアダージオレーンです。

まとめ

授乳期間ってたったの1年ちょっと・・。

しかも今は、たいていどこに行っても授乳室があるから、授乳ケープは必要ないんじゃないか?って思ってました。

でも実際には、いざってときに授乳室の個室が満室で外の待合スペースで授乳することになったり、家に主人の家族が赤ちゃんを見に来てくれてちょうど授乳タイムになったり、車の中で授乳することになったり、「あってよかった」って思うことの方が多いかも・・。

もし授乳ケープで迷ってるようであればぜひ公式HPで確認してみてくださいね。

公式ダッドウェイオンラインショップ