ストロー飲みの練習に!リッチェルのコップでマグが便利

子育て

もうすぐ8ヶ月になる娘、相変わらずスパウトタイプのトレーニングマグではなかなかうまく飲むことができるようになりません。

そこで、そろそろストロー飲みの練習をしてもいいんじゃないかと思い、息子の時もお世話になったリッチェルのアクリア コップでマグ ストロータイプを購入しました。

息子の初めてのストロートレーニング時はこのコップの存在を知らず、子供用のプラスチックコップに普通のストローを入れて練習していました。
大人なら誰でも当たり前にできるストロー飲みだけど、子供にはどうやって教えればいいの?って思っていたところ、このリッチェルのストローコップを使ったらあっという間にストロー飲みをマスターしました。

そんなとても優秀なコップです。

もちろんストロートレーニングが終わっても普通に両手持ちのコップとして使えるので長く使えます。

スポンサーリンク

最初は大人が押してサポートしてあげる

このストロー付きコップはストローの存在も意味もわからない子供でも口にくわえるだけで自動的に飲み物が口に入ってくる不思議なコップなのです(笑)

kimg0948
ココのプッシュ部分を押すと飲み物がストローから出てきます。

プッシュの強さによって出てくる飲み物の量を調節できるので、子供の様子を見ながら口に飲み物を入れてあげて下さい。

慣れないうちは子供にストロー部を加えさせる→親が押して水分を口の中に入れるっていうサポートを繰り返します。

そうすることによって子供も、これって飲み物を飲むためのものなんだ・・と理解してきます。

娘にいたっては最初の1回で理解したようで、ちょっと押して口に飲み物が入るようにしてあげると、その後は自分で水分量を調整しながら飲めるようになりました。
(息子の時はこの仕組みを理解させるのにずいぶんかかったからこれも個人差だなぁ・・・ )

子供がきちんと飲めているかどうか、吸い込む力がどのくらいあるかはストロー部が透明なので確認することができます。

蓋つきでこぼれにくい

食事中の子供のそばに置いておくと、何かの拍子でコップを倒してしまったり・・だなんてよくあることですよね。

でも、このコップはふたつきなので、ちょっと倒れたくらいでは中身はこぼれません。

我が家でも自分で持って飲んでたと思ったら、飽きて急に放り投げるという赤ちゃんあるある事件がおきましたが、中身が床にぶちまけられるという悲劇は避けることができました。

子供が持ちやすい持ち手部分

子供が持ちやすい「両手で持てる持ち手部分」
ココは高ポイントです。

最初は親が持って飲ませてあげますが、そのうち自分で持ちたがります。
その際にちゃんと子供の手にフィットしやすく、子供が自分で持って飲みやすい仕様になっています。

今はまだストロー飲みですが、そのうちコップ飲みの練習もするようになってくるので、使い慣れたコップで練習できるというのはよいですね。

ちなみにお兄ちゃんは2歳までこのコップを使って飲んでました。

買ってよかったです

ストロー飲みの練習については紙パックをちょっと押すと、飲み物が出てくる・・というあの感じと同じなので、紙パックの飲み物でもストロートレーニングはできるのですが、パックの飲み物は衛生的にも1回開封したら飲み切らないといけないし、経済的にもあまりよくないですよね。

このコップなら中身は好きな物を入れられるし、量も親が調節してあげることができます。

コップ自体もパーツが少なくて洗うのが簡単だし、ストロー部が汚れてきたらその部分だけ交換することもできるので、これからしばらく使っていきたいです。